お菓子食べながらポケモンと寝たい

ポケモンの話題が多いですが、決して怪しいブログではありません。

海外限定ライチュウ発見

久々にポケモンカード大量セットを落札してみたら、

f:id:NatuXa:20180820203559j:plain

おぉぉ!

初めて見るイラスト!

これは!

海外限定イラストでは!?

 

というわけで比較。

f:id:NatuXa:20180820203655j:plain

(画像は公式からパクってきました。)

 

これが日本版。

ソウルシルバーコレクションの1枚ですね。

イラストレーターさんは同じで、レジェンドシリーズのお約束である「進化形+進化石」の構図も一緒ですが、性格は正反対のようです。

 

NatuXaは海外版の凛々しいライチュウが好みですが、日本版のノッペリ裏足を見せてる子も捨てがたい…

 

 

 

ところでライチュウといえば、「ピカチュウが可愛くてライチュウに進化させないトレーナーも多い」とかいう、ライチュウたんdisり設定を書いた公式さんは、いつになったらライチュウたんと全国のライチュウマニアに謝罪をしてくれるのでしょうか?

 

目立たないように、シール列伝の裏にシレっと書いたってバレバレなんだぞ!!!

さり気なくウルトラムーンの図鑑説明にも、似たようなこと書きやがって!

 

 

 

以上

『百ポケ夜行』のみにふぃぎゅあ、こんぷりいとです。

f:id:NatuXa:20180721094714j:plain

一目惚れしたので箱買いです。

 

f:id:NatuXa:20180721094718j:plain

中身はこんな感じです。

8種類じゃアカンかったのか?

 

f:id:NatuXa:20180721095021j:plain

というわけで、ゲッコウガさんの実物です。

 

f:id:NatuXa:20180721095025j:plain

こっちの方がキマってるかな?

三度笠と旅装束がかっこいいですね。笠を手で押さえてるのは、そうしないと脱げちゃうからだと思います、細かいっ!

 

f:id:NatuXa:20180721095028j:plain

間違いなく今回のフィギュアは「百鬼夜行」がモチーフなんで妖怪が元ネタかと思っていましたが、そうでもないみたいです。

どう見ても人間の格好なんで。

 

 

f:id:NatuXa:20180721100346j:plain

多分、ユキメノコも人間の格好だと思います。

唐傘お化けだったら百鬼夜行でも描かれてますけど。

 

f:id:NatuXa:20180721100349j:plain

腰がエロい。

f:id:NatuXa:20180721100354j:plain

f:id:NatuXa:20180721100359j:plain

普通に美人さんです。ダイパでユキメノコを見たときは衝撃でした、「オニゴーリが可哀想すぎる!」って(笑)。

しかし、オニゴーリはアニメでサトシの手持ち入りでレギュラーになり、けっこう活躍したんですよね、これが。種族値オール80だけどね。

 

f:id:NatuXa:20180721100402j:plain

ちなみにユキメノコと後述のグソクムシャは組み立て式です。

傘単体だとこんなかんじで、これをユキメノコの手に差し込んで完成形となります。もっと細かく言うと傘の部分と柄の部分も分かれるので、柄をコロコロ転がして失くしたりすると、少々厄介なことになります。

 

 

 

f:id:NatuXa:20180721101444j:plain

お次はクチートちゃん。

百鬼夜行でいうと、よく先頭で鉾を持ってる妖怪にあたります。

 

f:id:NatuXa:20180721101449j:plain

なんでクチート? って思ったけど、後ろ姿を見ると納得。

 

f:id:NatuXa:20180721101453j:plain

鉾の先端がメガリザードンXだったりします。

 

f:id:NatuXa:20180721101458j:plain

フィギュアも良いけど、『百ポケ夜行』イメージイラストのクチートちゃんが本当に可愛いです。「イエーイ!」ってかんじです。いや、平安時代だから、なんだろう、季節的に「たーまやー!」の方が近いですかね。

 

f:id:NatuXa:20180721102213j:plain

グソクムシャ殿です。腕が別パーツになっている組み立て式です。

白飛びすみません。白いフィギュア撮るのむずい…

 

f:id:NatuXa:20180721102219j:plain

ハンサムのコートみたいなものを着ております。

 

f:id:NatuXa:20180721102224j:plain

コートなしだとこんなかんじです。

 

 

f:id:NatuXa:20180721102228j:plain

今回のラインナップの中では、一番妖怪らしい顔つきです。

 

f:id:NatuXa:20180721102233j:plain

で、提灯を持っているわけですが、ユキメノコの傘と同じで提灯お化けならそこらへんにたくさんいるのですが、提灯を持った妖怪というと… 思いつかないです。

百鬼夜行に於ける「灯」や「火」は、妖怪たちを人間界へ案内する重要な存在なのですが、確かにグソクムシャが案内してくれるなら頼もしいですね。特性「ききかいひ」だしね!

 

f:id:NatuXa:20180721103653j:plain

ここから狐枠。

お馴染みカントーロコンとアローラロコンです。

それぞれが、相方色の布を腰に掛けています。

ところで、キュウコンも被ってるけどこの布なんなんだろう…

人間に化けるときに使うんですかね。

 

f:id:NatuXa:20180721103658j:plain

f:id:NatuXa:20180721103706j:plain

f:id:NatuXa:20180721103712j:plain

 

f:id:NatuXa:20180722084119j:plain

カントーキュウコン

 

f:id:NatuXa:20180722084123j:plain

f:id:NatuXa:20180722084126j:plain

この尻尾の膨らみ具合がいい。

 

 

f:id:NatuXa:20180722084353j:plain

最後はアローラキュウコンです。

 

f:id:NatuXa:20180722084358j:plain

f:id:NatuXa:20180722084404j:plain

 

 

ということで、百ポケ夜行のフィギュアでした。

 

記事を書くにあたって少し調べて分かったのですが、『百鬼夜行』に描かれている妖怪たちは、名前もないような小物妖怪や鬼、あるいは付喪神と言われているそうです。

妖怪話に於いては、法術や仏様を称える信仰アイテムで簡単に追い払われることが多い。したがって、仏様を信仰するとお化けも怖くないよ! とか、安倍晴明ってこんなにすごい人なんだよ! と言った、主に信仰を集めるためのやられ役といったところでしょうか。

庶民には親しみのもてる妖怪(たち)だったのかも、しれませんね。

 

 

 

いじょう

杉森イラストカードバインダーと、リンリンチリーン風鈴

今月は素敵なポケモングッズがたくさん発売されましたね。

 

f:id:NatuXa:20180719075217j:plain

ということで、レッドとピカチュウイラストの9ポケットバインダーです。

杉森さんのマークもちゃんと入ってます。

このレッドは、ゲームのストーリーでいうとどの辺りなんだろう。

ポケモンリーグ挑戦前? エンディング~金銀間の3年間? ひょっとして、シロガネ山下山後?

冒険中というには貫禄が付きすぎてるし、シロガネ山に籠ってる頃よりはとっつきやすい雰囲気だし…

とりあえず、サンムーン時代より前であることは確かです。

 

f:id:NatuXa:20180719075224j:plain

とりあえずの問題は、カードバインダーが増えてきたので何冊か断捨離しなくてはならないことです。

何とか、全冊残す方法はないだろうか。書類をほとんど残さない性格なので、バインダーの使い道がポケモンカードしかないのは、ちょっと勿体ないですね。

 

f:id:NatuXa:20180719075230j:plain

一緒に「リンリンチリーン風鈴」も買ってきました。

チリーンの風鈴は過去にも発売されていて、クレーンゲームの景品にもなっています。人気商品の一つで、今回も発売から2日後には店頭から無くなっていました。

ちなみに、今回はドータクンの風鈴も同時発売されています。

 

f:id:NatuXa:20180719075238j:plain

一時期、ポケアニのレギュラーだったことを覚えている人はどれくらいいるんだろうか…

 

 

 

続く

電気ブランアイス

を、名古屋の明治村で食べてきました。

名古屋はとんでもなく暑かったです。東京と良い勝負。ただ、明治村は山の上にあるので若干涼しいです。少し高度を上げるだけで、風の気持ち良さが全然違いました。

 

f:id:NatuXa:20180717071313j:plain

じゃん。

見た目通り、固めのソフトクリームでした。少し傾けても落ちないので、よくソフトクリームを落としてもう一本買う羽目になっちゃう方にもお勧めです。

電気ブランの味っぽいかはよく分らなかったけど、甘くて美味しいソフトクリームでした。一本食べても酔っぱらったりはしないけど、未成年や運転手は注文できません。

 

f:id:NatuXa:20180717071601j:plain

名古屋には、一般市場には流通していない「カブトビール」なるビールがあるそうです。黒ビールのような味わいで、苦みが強いそうです。

名古屋へ行った際にはぜひ。運が良いと「半田赤レンガ建物」で販売されているようです。

 

f:id:NatuXa:20180717071743j:plain

名古屋といえばポケモンセンター。ここではチコリータニャビーがロゴになっています。

とりあえず新商品のすぎもりカードバインダーと、チリーン風鈴を買っておきました。朝だったせいか、お客さんの数は少なかったです。ポケモンのBGMが流れていないポケモンセンターは、ここが初めてでした。

 

 

f:id:NatuXa:20180717071749j:plain

きのこ!

 

 

 

以上!

3COINSにポケモンが進出。

300円ショップにポケモングッズが登場しましたね。

 

3coins.jp

 

アローラ地方をイメージした、常夏デザインになっています。

ということは、季節が変わると新商品が出るんだろうか… 期待!

 

スリッパとか、傘とか、キッチンスポンジとか、普段使いにできるグッズがたくさん出ています。

ポケモンで安価で消耗品でオリジナルデザインのグッズは、今までありそうで無かったりします。(公式デザインの使い回しなら100円ショップにある)

 

 

f:id:NatuXa:20180716081712j:plain

というわけで、トイレットペーパーホルダーを買いました。

 

f:id:NatuXa:20180716081715j:plain

設置するとこんな感じです。

本当は予備のトイレットペーパーを入れた状態で撮影したかったんですが、なんと予備を買い忘れていたことが判明しました。あぶねー…

安くてかさばらなくて簡単に設置できて買い忘れも防止できてトイレを華やかにしてくれる、トイレットペーパーホルダーさんは偉大です。

 

あと、下から3番目にいる ニッコリ^^ 笑ってるピカチュウ可愛い。

 

 

 

以上

CLANNADとかいうサウンドノベルで15回くらい人生してきた

平成も終わろうというときに、2000年代初頭のゲームで遊ぶ時代逆行型人間のNatuXaです。しかもハードはPSP

あ、PSPクラナドの発売年って同じなんですよ。PS VITA欲しいなあ。

 

続きを読む

日本酒フェア2018に行って古酒ってきた

流行らせましょう、「古酒る」。

意味は「古酒を飲む、愛でる」です。

 

というわけで、今日明日に池袋はサンシャインシティで開催されている「日本酒フェア2018」へ参上してきました。

 

f:id:NatuXa:20180616233220j:plain

 

都道府県の酒蔵から、厳選した日本酒を自由に利き酒出来るイベントでございます。

御猪口は会場でもらえますし、給水ポイントもたくさんあります。

 

特に印象に残ったお酒たち。

 

f:id:NatuXa:20180616233332j:plain

兵庫県大吟醸原酒、『寳娘』。

一番最初に飲んだお酒なんですが、今回試飲した大吟醸の中では一番口に合いました。

 

f:id:NatuXa:20180616233239j:plain

それから、『白雪』。なんと、江戸時代のお酒を再現したものだそうです。

作り方が現在の日本酒とは異なるので、琥珀色で濃厚な味わいです。

 

f:id:NatuXa:20180616233245j:plain

京都府の「伊根満開」。これは古代米を使用したお酒です。

和風な濃い紅色(まさに古代米を濃くしたような色合いでした)なんですが、ジュースのような甘口の面白いお酒でした。

 

f:id:NatuXa:20180616233251j:plain

一番気になったのはこのコーナー。

 

f:id:NatuXa:20180616233300j:plain

「長期熟成酒研究会」さんが用意した日本酒たちです。

(この撮影をするときに、着物姿のきれいなスタッフさんが荷物を持っててくださいました。ありがとうございます! お話したかったけど別の人と会話してたからお喋りできなかったのが残念。)

 

日本酒もお酒ですから、熟成させると味わいも違ってきます。ワインやウイスキーと同じですね。

面白かったのが、長く熟成させるほど味に癖が… といった単純な仕組みでもないこと。

2~3年ものは原酒に近い味なのが、10年寝かせると芳香が一気に複雑になり、甘みと辛みと古臭さが混ざったようなカオスな味わいになります。が、もっと寝かせて15年ものくらいになると、その複雑さが深いところで丸く整えられたような味わいに変化しています。

ちなみに、寝かせる環境(樽を使うとか)や、原料のお米によっても味わいが違ってくるとのことです。奥が深いぜ。

 

 

 

都道府県ごとの美味しいお酒を探しに行ったつもりが、古代米とか古酒とか江戸時代とか、あまりメジャーではない日本酒の魅力に気づかされた一日でした。

日本酒以外ですと、北海道のヨーグルトリキュールが妙に美味しかったです。

もちろん吟醸とか普通のお酒も色々と試したんですが、特に新しい発見は残念ながらなかったです。まあ、強いていうなら新潟と本州近畿以西はやっぱり強いなー、と。(笑)

色んなブランドが出ていますが、結局はどんな日本酒が自分に合っているか、をさっさと知ってしまうのが、日本酒を楽しむ一番の近道なんだなー、と思います。それさえ決めちゃえば、どこの地域のどんなブランドの日本酒も美味しく飲めます。(もちろん質の良し悪しはありますが、「おえぇ、まっずぅ~~!」なんてものはそうそうないので(笑)) あと、出身地とか学生時代過ごしたとか、自分に縁のある県を意識して飲んでみるのも楽しいです、個人的には。それでも迷ったら、とりあえず新潟で。

 

ちなみにNatuXaは、甘口でも辛口でもOK、精米歩合は低めの方が好き(磨き過ぎは味も香りもスッキリし過ぎてて物足りない)、度数は特に気にしない、飲み方は常温か冷、が好きです。

まあ、精米歩合に関しては、歩合30くらいの洗練されてて美味しいものもあるし、逆に歩合低くて味も香りも雑だったり濃かったりで口に合わないものもあるので、一概には言えませんが。あと、飲むときの気分にもよります。サラッとしたのが飲みたいときもあるし… 難しいっすね。

 

 

 

f:id:NatuXa:20180616233309j:plain

とりあえず、我らが埼玉県のブースで締めくくります。味ではなくアニメで勝負していました。潔くて良いと思います。

ちなみに、右端に見えるふっかちゃんカップは、我が家の御猪口になっていたりします。

 

 

 

以上~